■モーターを変えてみよう!■

ミニ四駆を組んだらまず最初に

「マシンを速くするためにモーターを変えよう!」

と思うはずです。私はそうでした。

速度を出そうと思えばモーターを変えたほうが手っ取り早いです。

ただモーターといっても色々あります。

今回はモーターについて少し・・・

モーターは大きく分けると

・チューン系モーター
・ダッシュ系モーター

の2種類にわかれます。

色々と違いはあるんですがおおまかにいえば

チューン系は比較的速度を抑えたモーターですね。

なので初心者の方にも扱いやすいモーターだと思います。

今回はわかりやすく方軸モーターで。

トルクチューン2モーター

グレードアップパーツ GP.484 トルクチューン 2モーター 15484

新品価格
¥260から
(2016/1/24 12:18時点)



アトミックチューン2モーター

グレードアップパーツ GP.486 アトミックチューン 2モーター 15486

新品価格
¥1から
(2016/1/24 12:18時点)



レブチューン2モーター

グレードアップパーツ GP.485 レブチューン 2モーター 15485

新品価格
¥1から
(2016/1/24 12:19時点)



の3つになります。

先ほど初心者向けと言いましたがショップレースなどでは

ほとんど使わないと思います。

やはりレースに出て勝負しようと思うなら

ダッシュ系になると思います。

ライトダッシュモーター

グレードアップパーツシリーズ No.455 GP.455 ライトダッシュモーター 15455

新品価格
¥1から
(2016/1/24 12:28時点)



ハイパーダッシュ3モーターはおそらく一番ショップレースで使うモーターだと思います

グレードアップパーツシリーズ No.477 ハイパーダッシュ3モーター 15477

新品価格
¥295から
(2016/1/24 12:04時点)



パワーダッシュモーター

GP.317 パワーダッシュダッシュモーター 15317 (グレードアップパーツシリーズ No.317)

新品価格
¥216から
(2016/1/24 12:28時点)



スプリントダッシュモーター

GP.318 スプリントダッシュダッシュモーター 15318 (グレードアップパーツシリーズ No.318)

新品価格
¥294から
(2016/1/24 12:29時点)




以上がレギュレーション上使えるモーターです。

回転数順
トルク2➡アトミック2➡レブ2

ライト➡ハイパーダッシュ3➡パワーダッシュ➡スプリント

となります

「じゃあ早くするならスプリントでいいじゃん」

なんて思うかもしれません。

回転数だけをみればそうですがなかなかうまくいかないのが

ミニ四駆なんですね。

コースに合わせたセッティング、気温、マシンの作り、モーターの慣らし方、電池など

色々考えたうえでその都度使うモーターが変わるんです。

なのでまずモーターを買うのに困ったら

チューン系ならアトミック2

ダッシュ系ならハイパーダッシュ3

が私はお勧めですね


■説明書通り丁寧に■

すでに組み合立て終わってると思いますが・・・

改めて

ミニ四駆は丁寧に組み立てると早いと言われています。

ミニ四駆は説明書通り丁寧に作ると速いんです!!

STEP1:キット組み立て

まずはキット購入、電池も購入

MS・SUPER2・VS 特にAR・MAシャーシは頑丈で拡張性も高く、初心者向き。

走らさせるには電池が必要なので、一緒に買っておきましょう。

まずはアルカリ電池がお勧めです。

説明書をよく見て、丁寧に組み上げていきます。

・ランナーからきれいに切り取る

・ビス(ネジ)止めをしっかりする

・シャフトはホイールにまっすぐ挿す

・ホイールに両面テープを張ってタイヤをつける
走行中にタイヤが外れやすいのでしっかり張りましょう。

・グリスアップ
説明書に書いてますので、塗り忘れの無いように。

STEP2:素組でのグレードを上げていく

ブレークイン(マシンの慣らし運転)

最近のシャーシは精度がいいので必要ないとは思います。
シャーシによってはブレークインをしておくと速度が上がります

・ギア、ハトメのブレークイン
プロペラシャフト受け、シャフト軸受けにはグリスを塗り、ギアには塗らずにノーマルモーターで5分程度回します。

・モーターのブレークイン
カウンターギアを取り外し電池をつけて、モーターを数分回します。時間はモーターの種類によっても違います。
 
・取付
ブレークインが終わったら一度洗って乾いたらグリスを塗り、取り付けます。


その他

・金具磨き
上級者がやるようなマニアックな方法は取らなくていいですが、金具はしっかり磨いて綺麗にすれば性能は上がります。
市販のシルバー磨き布、ピカール、酸性の液体(マヨネーズ、酢、シルバー用の「スピーディップ」等)で、
表面全てを磨いて下さい。表面こそが電気が通る"道"です。液体でくすみを取った場合は、勿論綺麗に洗いましょう。

最近のシャーシ(MA・AR・VS・S2)はとても精度がよいので

ブレークインは必要ないと思ってます。

大事なところといえば

グリスアップでしょうか・・・

グリスはベタベタに塗ると抵抗になってしまい速度が落ちてしまいます。

できればハケのようなものがあればそれを使って

薄く塗りましょう。

あとこれは説明書には載ってないんですが

ホイールとタイヤは両面テープでつけましょう!

走行中にホイールからタイヤが外れてしまいます!

タミヤさん・・・キットに両面テープ入れてください・・・

にほんブログ村

■基本的な工具■

まずミニ四駆を作る前にそろえておきたい工具があります。

・カッター
・ダイヤモンドヤスリ
・ニッパー
・プラスドライバー


この4つは必要です。

100円ショップに行けばそろうと思います。


にほんブログ村


にほんブログ村