■レーンチェンジ■

ミニ四駆を初めて最初の難関ともいえるのはレーンチェンジだと思います。

素組みマシンなら問題ありませんが、
改造を施したマシンになると対策が必要です。


基本となる【ジャパンカップJrサーキット】(JCJC)
でのレーンチェンジ対策、攻略法を今回は説明したいとます。

ユメコロレーンチェンジ.jpg
複数つなげるとこんな感じになります。

レーンチェンジ(LC)でのコースアウトの原因

《右側のフロントローラーのスラスト》です

ミニ四駆にはもともとフロントにローラーをつけると
ローラーはマシン前方に傾きます。

その傾きをスラストと言います。
このスラストがないとそもそもミニ四駆はカーブすらうまく曲がれません。

フロントローラーにスラストがついてることで
マシンを押さえつける効果が生まれます。

↑↑↑↑↑↑↑↑
レーンチェンジスロー動画

LCではまず侵入時マシンは少し浮いた状態になります。
次に進行方向向かって右側の壁に当たります。
このときにスラストが浅いとマシンを抑え込めずCOしてしまいます。

なんとかクリアしても浮いた状態で下りに差し掛かり
コースに収まらずCOします。

フロントローラー、特に右側のスラストは抜けないように気を付けましょう。

グレードアップパーツの「ローラー角度調整プレートセット」
で角度をつけることもできます。

ですが素材が柔らかいのでつぶれてしまうので
きつく締めすぎないようにしましょう。

※デメリット
スラストをつけすぎるとカーブが遅くなる


《リアローラーをアッパースラストにする》
リアローラーをアッパースラストに変えるとマシンを抑え込む力が増します。
デメリットとしてはやはりカーブで速度が落ちます。

《アンダースタビをつける》

フロントローラーの下にアンダースタビをつけることで
マシンの姿勢を制御します。

デメリットはドラゴンバック、テーブルトップなどマシンがジャンプするセクションで
コース壁に引っかかることがあります






■えのもとサーキット■

近所ならぜひ行ってみたいお店

【えのもとサーキット】

ご存じな方は多いはずです!

ミニ四駆はもちろんのこと、ミニ四駆を改造するのに便利な道具が品揃え豊富!!

場所は東京なんですが

ネットで買えるんです!

えのもとサーキットさんのサイトはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ミニ四駆専門店 えのもとサーキット


■2レーン・3レーン・5レーン■

ミニ四駆で使われるコースには、大きく分けて

2レーン・3レーン・5レーンの3種類にわかれます。

寸法はすべて共通です。

幅:115mm
フェンスの高さ:50mm
※レーンチェンジなど一部違いがあります。

まず2レーン
「オーバルホームサーキット」

ミニ四駆限定シリーズ オーバルホーム立体レーンチェンジ (トリコロール) 94893




全長約10m
素材は軟質プラスチック。これはほぼ入門用です。
立体レーンチェンジの侵入角度、素材などの問題で
改造したマシンを走らせるとコースアウトします。
いちよう防止用のふたがありますが、
マシンを痛める可能性があるので微妙です

平面レーンチェンジもあります。英語のXのように平面で入れ変わります。
こちらもコース壁に衝突してマシンが壊れやすいです

ループチェンジはループしながらレーンを入れ替えるセクションがあります。
速度が遅いと途中で落ちます。

2レーンコースはハッキリ言ってしまうと

「全く必要ありません!」

3レーン
「ジャパンカップジュニアサーキット(通称JCJC)」

ミニ四駆 ジャパン カップ Jr.サーキット 69506




こちらはよく見かけると思います

全長約20mと2レーンより倍近く長い!
素材も硬めのプラスチック
模型店の常設コースも3レーンが主流であり、タミヤ非公式レース(いわゆる街角レース)ではJCJCが用いられる事が多い。

レーンチェンジは2レーンほど難しくはないんですが
初心者の方は”最初の難関”と言えるでしょう。

攻略方法としてはフロントローラーのスラスト角の調整、リアブレーキなど

ループチェンジャー
ユメコロ ループ.jpg
3レーン用のループは最近ではほとんど見かけませんね

前からミニ四駆のショップレースをしているお店には
ひょっとしたらあるかも知れません
(画像は広島呉市のおもちゃやユメコロさん)

テーブルトップ、ドラゴンバック

ミニ四駆特別販売シリーズ ジャパンカップ Jr.サーキット スロープセクション (レッド) 69570




こちらも難所!
二つを合わせた状態をドラゴンバック(DB)
間にストレートなどを挟んだ状態をテーブルトップ(TT)

ウェーブ
波型のコースで減速ポイント
JCJCに1枚付属

バンク

ミニ四駆特別販売 ジャパンカップ Jr.サーキット バンクアプローチ20 (レッド) 69571



角度が20度あるためブレーキをかけすぎると止まる場合もあります

加工して40度、60度、80度など作っているお店もあります。

5レーン

レーンチェンジがバーニングブリッジタイプになっている。
素材はJCJCと同じABS樹脂
定価は92,400円と高額!


5レーン(公式)
タミヤの公式戦で使われるもので、コースは非売品。

設置しているお店はほぼありませんが
無料でレンタルできるらしいですが、送料は自己負担になります。
静岡まで自分で借りに行く方法もありますが・・・

素材は強力な硬質プラスチックや木材を使用。
公式コースはそれ以外とは全く違います!
コースの継ぎ目が荒いので径の小さいローラーは引っかかる可能性が・・・
逆走防止のため段差あり
公式大会の場合は大きくマシンセッティングが違います。

主なセクションはこちらです
↓↓↓
立体LC

バーニングブリッジ

スロープセクション

アイガースロープ

ナイアガラスロープ

プラウドマウンテン

DB(ドラゴンバック)

芝生(人工芝)

デジタルカーブ

ハーフストレート

気まぐれウォッシュボード

ウォッシュボード

フジヤマチェンジャー

色々とありますが詳しくはまたのちほど・・・

■ネットオークション■

ミニ四駆には以前販売され今では手に入らない

限定アイテムがあります

でもどうしてもほしい時がありますよね?

そんな時は

ネットオークションで探します。

色々と出品されてはいるんですが

やっぱり

高い‼‼

タミヤさんは限定品を出すことが多いのでプレミアがついちゃうんですよね

だから転売目的で買い物する人も多いようです。

私は基本的にオークションでは買いません。

ほしいものばかりなんですが

例えばカーボンプレートやらクリアボディやら

とぉっっっても欲しいです‼

ですが仮にもしそれが壊れたらまた同じようなマシンを作るのに

オークションで買わないといけないからです。

再現性が低いので現行商品でマシンを作るように頑張ってます。

ですが、やはりオークションを使う人は多いようです。

ミニ四駆仲間によくオークションで品物を落札する人がいたので

色々聞いてみました。

まずオークションサイトはモバオク!


がおすすめだそうです

「理由は比較的安く落とせるから」

とのことです。

それと

「なるべく同じ出品者から買う」

そうです。

常連になるとおまけをつけてくれたり、次の落札まで待ってくれるそうです。

まとめて送るほうが送料がかからないからです。

もしオークションやるならモバオク!


がおすすめですね

■激安!!■

ミニ四駆をやってるとお金って結構かかりますよね・・・

1台マシンを組むのに大体10,000円~かかります。

更にもっとお金がかかるのが工具類です

ミニ四駆は”精度”が求められます

なので最初のうちはいいんですが、あれこれやっていくうちに

「この工具があればなぁ」

なんて思って悩んで悩みぬいて結局買ってしまうんですよねぇ

でもどうせ買うなら

安いほうがいい‼

やはりお勧めは

やっぱりamazonですよね

近所のタミヤステーションに行ってお店の人と会話をして

買い物をするのもいいんですが

やっぱり安いほうがいい

amazonでの買い物の仕方としては
高額なものを買う・パーツなどの爆買いがいいと思います。

量販店にいけば2割引きで売ってますが

パワーステーション NO-PS01

新品価格
¥3,235から
(2016/1/26 16:50時点)



こんなのや

タイヤセッター(モーター付) レッド

新品価格
¥3,305から
(2016/1/26 16:50時点)



こんなのっておいてあるとこ少ないんですよね・・・

しかもamazonは比較的安い!!

なので買い物はamazonがお勧めです!!


にほんブログ村